9/18からは『玄鳥去』~七十二候~

季節

9/18からは『玄鳥去』~七十二候~
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

ツバメの姿が見えなくなる寂しい季節

2017年9月18日からは七十二候の一つ『玄鳥去(つばめさる))』です。
玄鳥去(つばめさる)とは、暖かくなる春先に日本にやってきたツバメが子育てを終え、再び日本から暖かい南の地域へと帰っていく頃を表しています。
ツバメは穀物を食べずに田畑の害虫だけを食べてくれる益鳥で、昔から日本人に大切にされてきました。

躍動感あふれるツバメの姿は活動的な夏の象徴となり、そのツバメが去るともの寂しい秋の気配が深まってきます。
また来年の春先には戻ってくることを楽しみに、しばしのお別れです。

ところで、ハッピーマンデー制度が始まってから9月の第3月曜日になった「敬老の日」。以前は9月15日でしたが、今年は本日、9月18日がこの日に当たります。

さて、「敬老の日」のルーツですが、その起こりは聖徳太子が身寄りのない老人や病人のために福祉施設「悲田院」を建てたのが9月15日だったからという説があります。

また、兵庫県多可郡野間谷村の村長と助役が昭和22年に「としよりの日」を提唱し、お年寄りを大切にして昔から伝わる知恵を借りて村づくりをしようとしたことも、現在の「敬老の日」の直接的な起源となっています。
小さな村から始まったこの慣習は兵庫県全体で行われるようになり、その後、1965年に「多岐にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」として国民の祝日に制定されました。

今年は台風に見舞われた3連休の最終日、いい一日にしてくださいね。

A/W訴求バナー
1
  • C‐PRIME(シープライム)
  • A/W訴求バナー
緑の知恵

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

サラフェ

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。