【暗号通貨】HISではビットコインでの支払い可能に

社会

【暗号通貨】HISではビットコインでの支払い可能に
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ビットコインで支払い可能なサービス、続々

大手旅行会社のエイチ・アイ・エス(HIS)は、9月23日からHISの店舗でのビットコインに対応した決済サービスを導入するとのことです。
提携するのは大手ブロックチェーン企業のbitFlyer。

今回のビットコインでの決済対応は旅行業界初となり、先ずはHISの首都圏の旗艦店9拠点38店舗で導入されます。

まずはビットコインを手に入れよう!口座開設はこちらから!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

現在、さまざまな企業や飲食店などで仮想通貨での支払い対応が普及してきており、例えば大手家電量販のビックカメラやメガネチェーン店のメガネスーパーなどのビットコイン対応も記憶に新しいところです。

また、新宿マルイアネックスではビットコインでの支払い対応を10月31日まで試験的に導入していますし、LCC(格安航空会社)のピーチ・アビエーションは2017年内にもビットコインでの決済対応を予定しています。

現在導入が先行しているのは海外の利用者や観光客との接点が多い現場からの導入が進んでいるように感じますが、今後も多くの企業がビットコインなど仮想通貨での支払いに対応し、仮想通貨の普及が加速されることは容易に想像されます。

決済システムの導入店舗は新宿本社営業所の15店舗、渋谷本店の3店舗、銀座本店の6店舗、丸の内本店の3店舗、池袋本店の2店舗、Hawaii新宿三丁目の2店舗、銀座コア営業所、六本木営業所、H.I.S.旅と本と珈琲とOmotesando営業所の5店舗の計38店舗とまだまだ限られた状況です。

また、決済の上限は1回の支払いにつき200万円分のビットコインまでとしています。

HIS広告

出典 http://bitcoin-newstart.com

さらに決済開始記念キャンペーンも実施されるとのことで、ソウル3日間16,800円、ハワイ5日間69,800円などのビットコイン決済限定ツアーの商品の販売などが企画されているようです。

HISと提携するbitFlyer!こちらからも口座開設できます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

これまでは「投資対象としてのビットコイン」が取りざたされることが多かったのですが、「決済手段としてのビットコイン」としても見直される時期も近いのではないでしょうか。
今後のますますの広がりも楽しみです。

A/W訴求バナー
1
  • C‐PRIME(シープライム)
  • A/W訴求バナー
緑の知恵

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

サラフェ

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸