ご存知ですか?9/9は『重陽の節供』

季節

ご存知ですか?9/9は『重陽の節供』
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

長寿を祝った「菊の節供」

2017年9月9日は重陽の節句です。
陰陽思想では奇数が陽でめでたい数字とされ、最も大きい陽の数字である9が重なることから重陽(ちょうよう)と呼んで古代中国では大変めでたい日として菊の花を飾り、菊酒を飲んで祝いました。
日本でも五節供の中で最も重要視され、旧暦では菊の盛りでもあるので「菊の節供」とも言われ、中国同様菊の花びらを浮かべた「菊酒」を飲んだり、衣服の部分を菊の花でつくった「菊人形」などを飾ったりしました。

日本では平安時代から菊酒を飲み長寿を祈る「観菊会」が行われ、また「菊祭り」は「お九日」(おくんち)と呼ばれて、一般家庭ではほとんど行われなくなった祝いの名残を残しています。
なお、菊には長寿の効能があるとされますので一般家庭では菊の花をお風呂に浮かべたり食用菊を料理に散りばめてみるなど、可能な範囲で取り入れながらその効用にあやかりたいものです。

秋の恵みに感謝を込めた祝いの膳

重陽の節供は恵みと実りの多い秋の収穫祭と結びついたこともあり、重陽の祝い膳には秋の食材が並びます。
重陽の節句では不老長寿を願う気持ちが込められるので、敬老の日(9月の第三月曜日)に活かすのも良いですね。

栗ご飯

出典 http://i0.wp.com

【栗ごはん】
江戸時代以降に重陽の節句に栗ごはんを食べる習わしが広まり、「栗の節句」とも呼ばれています。

【秋茄子】
「おくんちに茄子を食べると中風にならない」と言われて、焼き茄子や茄子の煮びたしを楽しみたいものです。

【菊のお菓子】
この時期になると、菊をモチーフにした和菓子が販売されます。尾形光琳が考案した「光琳菊」や菊の干菓子など、重陽にふさわしい品を選ぶのも楽しいでしょう。

重陽の節供

出典 http://i1.wp.com

重陽は菊にまつわるものを多用した「菊尽くし」が喜ばれます。菊の花はもちろんのこと、食べ物、器の文様、絵など、いろいろな菊のものを組み合わせ、命を尊び、健やかで幸せな日々が続くことを願う重陽の節句を自分流に楽しんでみてください。

A/W訴求バナー
1
  • C‐PRIME(シープライム)
  • A/W訴求バナー
緑の知恵

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

サラフェ

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!