【暗号通貨】リトアニアでは仮想通貨でチケット購入可能に

社会

【暗号通貨】リトアニアでは仮想通貨でチケット購入可能に
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

仮想通貨XEMでチケットを買える!

毎日のように仮想通貨(暗号通貨)のニュースが入ってくる昨今。
8月にはリトアニアのバスケットボールチームの観戦チケットを仮想通貨で購入できるようになっていたようです。

この取り組みに参加している仮想通貨は「XEM」。
普段耳にすることが多い仮想通貨は「ビットコイン(Bitcoin)」ですが、NEMも社会的地位を得ている仮想通貨のひとつです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

決済やメッセージ送信、アセット作成の機能を提供する、ピアツーピアによるNEMブロックチェーンプラットフォームの開発者であるNEM財団。
この財団は2017年8月10日にリトアニアのバスケットボールチームであるリエトゥヴォス・リータスと提携を結んだと発表しました。

ヴィリニュス市と大手株主であるAntanas Gouga(通称Tony G)もリータスの一部を所有しているとのこと。
Tony Gは技術系の起業家で欧州議会の会員でもあり、VilniusのCIOを務め、リータスの会長でもあります。

リータスに金融面でのサポートを行うことと引き換えに、NEMはデジタル通貨「XEM」を、ヴィリニュス市全域に普及させる重要な権利を手にすることになります。
スポンサー料は全額XEMで支払われ、XEM通貨の使用用途とメリットに関して、街を挙げた広範囲の周知キャンペーンにより支援されます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサー契約したことによって、リトアニアのバスケットボールファンはXEMを使って試合チケット、シーズンパス、チームグッズなどの購入が可能になります。
提携を行った両者ともがXEMの用途を、公共交通、物流、サプライチェーン(供給プロセス)、医療分野、銀行業務といった、日常生活のあらゆる分野にまで拡大させようと考えています。

また、私たち海外に住む人たちにとっても、現地の販売価格で直接購入できることとなり、海外への販路も広げることになるかもしれません。
仮想通貨による可能性はどんどん広がり、ますますグローバルな社会になっているくのかもしれませんね。

A/W訴求バナー
1
  • C‐PRIME(シープライム)
  • A/W訴求バナー
緑の知恵

関連記事

ピックアップ!

サラフェ

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸