9/23からは『雷乃収声』~七十二候~

季節

9/23からは『雷乃収声』~七十二候~
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

体調を崩しやすい季節の変わり目

2017年9月23日からは七十二候の一つ『雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)』です。

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)とは夏の間に鳴り響いた雷が収まり、夕立の回数も減ってくるこの時期を表しています。春分の「雷乃発声」に始まり、秋分にそれが静まります。

夏の季語である「雷」に対して、「稲妻」は秋の季語です。稲妻と結びつくことで稲が結実すると信じられていたからです。
空に穏やかな静寂が戻ると空気も澄みわたり、過ごしやすい時期が到来します。

空にはもこもことした鱗雲があらわれ、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉の通り、残暑が落ち着き、秋の気候へと変わっていきます。

また、2017年9月23日は二十四節気の一つ『秋分(しゅうぶん)』でもあります。
秋分の日は春分の日(3月20日ごろ)と同様に太陽は真東から昇り、真西にしずみます。そして昼と夜の長さがほぼ同じになります。

日中は過ごしやすくなり、スポーツや読書にうってつけの気候になります。

秋分を挟んだ3日前後の7日間は「秋の彼岸」とされ、田んぼのあぜ道や土手を彼岸花が妖艶な真っ赤に染めあげます。
各家々では家族そろって墓参りに出かけたり、祖先を供養する「法会」を行ったりします。

さて、「お盆」と「彼岸」ではそれぞれお墓参りもしますが、その違いは何なのでしょうか。

「お盆」とはご先祖様を供養する期間のことで、先祖への感謝の念と現世の人々の安寧を祈ります。ご先祖様があの世から私たちのところへ帰ってくるといわれており、私たちはご先祖様をお迎えし、供養し、再びあの世へ送り出します。

一方の「お彼岸」は彼岸近づくよう修行をする期間であり、彼岸と此岸が通じやすくなると考えられてきたので、先祖供養が行われます。

彼岸

出典 http://ogorireien.com

過ごしやすくなったこの秋の日に、ご先祖様を想いつつ自らの成長に励む。
例年にもまして、たくさんの恵みに触れながら成長の秋としたいものです。

A/W訴求バナー
1
  • C‐PRIME(シープライム)
  • A/W訴求バナー
緑の知恵

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!