昔の月の呼び方「和風月名」vol.1

季節

昔の月の呼び方「和風月名」vol.1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

国語の時間に習ったような記憶が…

「和風月名」と呼ばれる日本独自の月の呼び方があります。

代表的な説を中心に、その由来を見てみましょう。
各月の別名については、江戸時代に実際に使われていたものを紹介します。

201711追加バナー

1月:睦月(むつき)

新年に身分や老若に関係なく、互いに往来してむつまじくするところから「ムツビヅキ」の
略とする説が有力です。
稲の実を初めて水に浸す月であることから「ムツキ(実月)」とする説などもあります。

別名に「霞初月(かすみそめつき)」「孟春(もうしゅん)」「孟陬(はんすう)」などが
あります。

2月:如月(きさらぎ)

さまざまな説があり、寒さのために衣を重ねることから「キヌサラギ(衣更着)」の
意とする説、また陽気が発達する時節ということから「キサラキ(気更来)」を由来と
する説などがあります。

別名に「梅見月(うめみづき)」「花朝(かちょう)」「仲春(ちゅうしゅん)」などがあります。

3月:弥生(やよい)

草木がいよいよ生い茂る月という意味の「クサキイヤオヒツキ(草木彌生月)」が
詰まったものとする説が有力です。
ほかに、「ヤヤオヒ(漸々成長)」の略という説もありますが、総じて異説は
あまりありません。

別名に「花月(かげつ)」「季春(きしゅん)」「姑洗(こせん)」などがあります。

4月:卯月(うづき)

ウツギの異名である「卯の花」が咲く月であることから、卯の花の月・ウツギ月の略と
されています。
ほかに、稲種を植える月という意味を表す「ウツキ(植月)」とする説などもあります。

別名に「清和月(せいわづき)」「首夏(しゅか)」「仲呂(ちゅうろ)」などがあります。

5月:皐月(さつき)

早苗を植える月という意味の「サナヘツキ(早苗月)」の略という説が有力です。
また、田を植えることを「サ」というので、「田植えの月」を意とする説や、狩猟の幸を
得る「幸月」とする説もあります。

別名に「仲夏(ちゅうか)」「蕤賓(ずいひん)」「梅天(ばいてん)」などがあります。

6月:水無月(みなづき)

暑さで水が枯れるところから「ミヅナシツキ(水無月)」とする説、逆に田に水を入れる
ところから「水月」の意ともとられています。
また農事を皆、し尽きる月(「ミナシツキ(皆仕尽)」)の意とする説もあります。

別名に「季夏(きか)」「林鐘(りんしょう)」などがあります。

みなさんはいくつぐらいご存知でしたでしょうか。

ここで挙げた以外にもいろいろな呼び方があるかもしれません。
7月以降は次の記事でご紹介します。

次の記事もお楽しみに。

A/W訴求バナー
1
  • C‐PRIME(シープライム)
  • A/W訴求バナー
緑の知恵

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

サラフェ

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ