昔の月の呼び方「和風月名」vol.2

季節

昔の月の呼び方「和風月名」vol.2
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

今回は1年の後半をご紹介します

前回の投稿で紹介した古くからの月の呼び方。
今回は、1年の後半についてご紹介します。

7月:文月(ふみづき)

稲の穂の「フフミヅキ(含月)」の意とする説が有力です。
また、七夕が詩歌のフミ(文)を供えたり、書物( = 文)の虫干しをする日であったり
することにちなんでいるともいわれています。

別名に「夷則(いそく)」「桐月(とうげつ)」「文披月(ふみひろげつき)」などが
あります。

8月:葉月(はづき)

木の葉が紅葉して落ちる月、すなわち「ハオチヅキ(葉落ち月)」の略だとする他、
稲が穂を張る月という意味の「ホハリヅキ(穂張月・穂発月)」からきているとする
説などがあります。

別名に「仲秋(ちゅうしゅう)「南呂(なんろ)」などがあります。

9月:長月(ながつき)

秋の夜長の頃という意の「ヨナガヅキ(夜長月)」の略になったとされています。
「イナカリヅキ(稲刈月)」のイとリが略された「なかづき」が変化したとも、
「イナアガリツキ(稲熟月)」の略だともいわれます。

別名に「菊月(きくづき)」「授衣(じゅえ)」「無射(ぶえき)」などがあります。

出典 http://pds.exblog.jp

10月:神無月(かんなづき)

諸神が出雲に集合し、他の地では神が不在になるところから、逆に出雲では「カミアリヅキ
(神在月)」といわれます。
ほかに、「カンナメヅキ(神嘗月)」「カミナヅキ(雷無月)」の意とする説もあります。

別名に「小春(こはる)」「孟冬(もうとう)」「陽月(ようげつ)」などがあります。

11月:霜月(しもつき)

字義どおり、「シモフリヅキ(霜降月)」を略したとする説が有力です。
他に、「ヲシモノツキ(食物月)」の略とする説や、ものがしおれ傷む意の「シモグルツキ」
からきたという説があります。

別名に「黄鐘(おうしょう)」「建子月(けんしげつ)」「陽復(ようふく)」などが
あります。

12月:師走(しわす)

1年の終わりの月であるため、「トシハツルツキ(年果月)」の意とする説が有力です。
また、経をあげるために師僧が東西を馳せ走る月であることから、「シハセ(師馳)」の
こととする説もあります。

別名に「極月(ごくつき)」「限月(かぎりのつき)」「臘月(ろうげつ)」などが
あります。

最近はWebやテレビでも紹介されるこれらの古くからの月の呼び方。

その時々でともに紹介される催事や映像も、古くから大切にされてきたもののことが
多いかと思います。

今年は気持ちを落ち着けて、そうした感覚にゆっくり浸る時間を持ちたいものです。

A/W訴求バナー
1
  • C‐PRIME(シープライム)
  • A/W訴求バナー
緑の知恵

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

サラフェ

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!