【暗号通貨】ユーザー間の自由な直接取引 ~Dent(DENT)

テクノロジー

【暗号通貨】ユーザー間の自由な直接取引 ~Dent(DENT)
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

モバイルデータを ユーザー間で直接取引

あなたはスマホのデータ通信料は上手く使っている方ですか。

契約している通信量にまったく満たずに、必要以上に高い基本料金を払って
いる人もいれば、毎月のように容量限度を超えて通信速度が遅くなってしまう
人もいるでしょう。

この両者の間には余っているデータ容量と不足しているデータ容量があります。
ここで両者が合意してデータを授受できたならステキだと思いませんか?

今回の暗号通貨は、そんな不可能を可能にしようとしているプロジェクトです。

取引履歴や送受信相手の特定に強いブロックチェーン

Dent(DENT)はイーサリアムを基にしている暗号通貨で、「スマートフォン等の
モバイルデータをユーザー間同士で自由に売買できるしくみ」を構築することを
目的としています。

実際のシーンとしては、

スマホでアプリや動画を使いすぎて通信制限がかかってしまう人がいます。
動画を見すぎて月末や月半ばには何を見るにもスピードが遅くなり、
イライラしているに違いありません。
 
一方で、あまり動画やアプリを利用しない人だとデータ容量は余ってしまい、
利用料金を払うことがバカバカしく思えてしまうかもしれません。

そんな不満をお金に換える仕組みが、Dentのプロジェクトなのです。

請求書

出典 http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

より直接的なシェアリングエコノミー

余ったデータを売ったり足りたいデータを買ったりする仕組みが出来上がると、
どのような世界が待っているのでしょうか。

それは、スマホを使うあなた自身が通信事業者とユーザーコミュニティとの
橋渡しの存在になり、モバイル通信データの売買や寄付の主体者になります。
スマホを頻繁に使う人にも、あまり使わない人にもメリットがあるのです。

スマートコントラクト機能を使うことによって、モバイルデータが足りなく
なった時には必要なデータ量だけを最適な価格で購入できるようになるので、
非常に便利な機能になっています。

毎月割安で快適にスマートフォンを使えるようになるのは、非常に魅力的
だと思いませんか。

スマホ

出典 http://pipitchoice.jp

データをあまり使わなかった月は、その余りをDentで売りに出すことで
小遣いが入るわけです。
スマホをあまり使わない人には、ここにメリットがあるのです。

現代人にとって、今やスマホは無くてはならない存在ですから市場規模は
大きく、暗号通貨に興味のない人でもわかりやすいプロジェクトです。

すでにアメリカやメキシコではDentのスマホアプリがリリースされており
実際にプロダクトは動いています。

既に利用者がいて役に立っていることが実感できるプロジェクトです。
これからの展開も楽しみにしていきましょう。

■この記事はハルがお届けしています■

各種SNSでも様々な情報をお届けしています。どうぞ、遊びにきてください。

※ LINE@のQRコードを読めない場合は、IDからどうぞ。
  LINE@ ID:@gxc7912l(ジー・エックス・シー・7912・エル)

A/W訴求バナー
1
  • C‐PRIME(シープライム)
  • A/W訴求バナー
緑の知恵

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

サラフェ

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!