【暗号通貨】安全と信頼をシステムに託す ~Emercoin(EMC)

テクノロジー

【暗号通貨】安全と信頼をシステムに託す ~Emercoin(EMC)
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

仲介者を経ずにセキュリティが担保される仕組み

ビットコインに代表される暗号通貨は、ブロックチェーンなどその優れた仕組みが
信用と高い評価を受け、金融以外の領域でも利用されるようになってきました。

しかし、その仕組みはプログラミングに成長していない企業・個人にとっては
技術的な難しさが障壁になって、有効活用しきれていない現状があります。

そうした状況を解消するために登場したのが「Emercoin(EMC)」です。
安全性と信頼性はビットコインのコードを基礎としつつ、豊富なセキュリティ
サービスが用意されています。

セキュリティ

出典 http://checkit.whdnews.com

強固なセキュリティでも容易な導入

Emercoinはビットコインなどの他のブロックチェーンに比べると、プログラム
作成が簡単につくられています。

専門的なエンジニアがいない企業でも利用しやすいことは、今後の広がりにも
期待できます。

こうした点から採用している企業もあり、有名なところではマイクロソフトが
2016年4月に「Azure Blockchainサービス」の一部に採用したことが大きな
注目を浴びました。

エンジニア

出典 http://checkit.whdnews.com

豊富なセキュリティサービス・ラインナップ

Emercoinが提供しているサービス群が豊富なことも、評価を得ているポイントの
ひとつです。

一例を挙げてみると

EMC SSH:WEB上のセキュリティに関するサービス
EMC DPO:デジタル所有権証明サービス
EMC SSL:WEB上でのパスワードを使わない認証サービス
InfoCard:「EMC SSL」を保管する名刺サービス
EMC DNS:ドメイン名の代替サービス
EMC TTS:タイムスタンプのサービス
Magnet:ネット上のファイルをシェアするための転送サービス
EMC LNX:CPC広告のネットワーク

といったものが用意されています。

ブロックチェーンの登場前から同様の仕組みは構築されてきましたが、
中央集権的なサーバーや管理からの解放の観点から、Emercoinのような
ブロックチェーンを活用したサービスへの置き換えは進んでいくのでは
ないでしょうか。

このような情報保護に特化したサービスはライセンスや所有権の保護を
目的として、すでに多くの企業でEmercoinが活用され始めています。

安心

出典 http://www.internetacademy.jp

ますます便利になるであろうブロックチェーンの各サービスは、導入の大変さを
乗り越えた時に一気に広がる可能性を秘めていると考えられています。

特に、セキュリティはブロックチェーンの特性の最たるものですので、この分野
から社会に与えるインパクトの源となっていくことが期待されています。

これからも目の離せないコインになることでしょう。

■この記事はハルがお届けしています■

各種SNSでも様々な情報をお届けしています。どうぞ、遊びにきてください。

※ LINE@のQRコードを読めない場合は、IDからどうぞ。
  LINE@ ID:@gxc7912l(ジー・エックス・シー・7912・エル)

A/W訴求バナー
1
  • C‐PRIME(シープライム)
  • A/W訴求バナー
緑の知恵

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

サラフェ

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!