【暗号通貨】人手を介さない物流コントロール ~Waltonchain(WTC)

テクノロジー

【暗号通貨】人手を介さない物流コントロール ~Waltonchain(WTC)

RFID技術とブロックチェーンの親和性

RFIDという技術をご存知でしょうか。
自動認識技術のことで、身近なところではSuicaやセルフレジ、回転寿司
チェーンなどで利用されている非接触で認識する技術です。

この技術のおかげで、いちいち切符を切る必要も皿の枚数を数える必要も
なくなりました。
私たちの生活にとって、RFIDは身近な存在になっています。

この技術はさらに応用されていて、流行りのIoT主要なの構成要素にもなって
いますので、非常に注目されている技術のひとつとなっています。

RFID

出典 http://nerdtechy.com

そして、このRFIDをブロックチェーンと融合させたプロジェクトが、
「Waltonchain(WTC)」なのです。
Waltonという名前はRFID技術の発明家で2011年11月30日に亡くなった、
Charlie Waltonに由来しています。

彼が遺した素晴らしいRFID技術をさらに発展させるために、彼の死の5年後で
ある2016年11月30日に設立されたプロジェクトなのです。

ブロックチェーン

出典 http://www.nomura.co.jp

IoTに適したブロックチェーン技術

IoTにより利便性の向上が期待される一方で、

・大量のデータ処理とその整合性を保つために膨大なコスト
・力のある企業が情報の総取りができる

といった懸念も存在しています。

この課題解決と、IoTのさらなる価値向上のために動き出しているのが
Waltonなのです。

大量データ

出典 http://japan.techrepublic.com

主な特徴は

・ブロックチェーンに記録されるのでセキュリティが強固
・RFIDタグチップによる追跡で偽造や不正防止
・分散管理による情報の共有化
・データ管理費用の削減

など、RFID技術とブロックチェーンを組み合わせることで、あらゆるものの
データを「安全」かつ「透明性」をもって共有できるビジネスモデルの実現を
目指しており、WTCはこれを「VIoT」と呼んでいます。

実用化に向けて続々と!

Waltonの主戦場は物流システムや製造業の改善に適しています。
現在はこれらの領域をメインに取り組んでいて、昨今の重大な人手不足に
悩む物流業界を解決するプロジェクトとして期待されています。

具体的には、WTCにより入出庫時の記録ができることから在庫管理が楽に
なるだけでなく、追跡機能にも適用できることから偽造品防止にも絶大な
効果をもたらすことにつながります。

入荷検品やレジ作業も不要になりますから人件費の大幅削減可能です。
小売業の無人店舗化もこれによって急速に早まると考えられます。

無人レジ

出典 http://business.nikkeibp.co.jp

また製造業においては材料や品質の管理なども自動かつ正確になるため、
人件費の削減だけではなく、どのプロセスで問題が発生するのかの把握が
しやすくなるでしょう。
アパレル業界ではすでに実装されている例もあるといいます。 

もはやIoTの流れはとめられませんから、そこに一石を投じるであろうWTCは
社会的にも価値の高いプロジェクトです。

これからの展開も楽しみです。

Waltonchain

出典 http://cryptocurrency-maki.net

■この記事はハルがお届けしています■

各種SNSでも様々な情報をお届けしています。どうぞ、遊びにきてください。

※ LINE@のQRコードを読めない場合は、IDからどうぞ。
  LINE@ ID:@gxc7912l(ジー・エックス・シー・7912・エル)

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ