【暗号通貨】メッシがアンバサダー! ~SIRIN LABS Token(SRN)~

テクノロジー

【暗号通貨】メッシがアンバサダー! ~SIRIN LABS Token(SRN)~

期待のブロックチェーンスマホ

W杯でも注目を集めたメッシ選手がアンバサダーを務めた「SIRIN LABS Token
(SRN)」には、当然のことながら多くの注目を集めました。

そんなSRNの最大の特徴は『世界初のブロックチェーン・スマートフォン』を
開発していることです。

スマホの名称は『FINNEY』とされ、ブロックチェーン技術をスマートフォンに
搭載することによって、スマホを安全で快適に利用できるようになります。

ご存知の方も多いでしょうが、現在のiPhoneやAndroidはセキュリティ対策
は行われているものの完璧とは言えません。

実は、最もウイルスに感染しやすい瞬間はアプリをインストールする時だと
言われており、Android版は特にその侵入を許す状況にあります。

iPhoneもApp storeを介さずにアプリをインストールするとウイルスに感染し、
データの盗難や盗撮盗聴などの被害が報告されています。

SIRINスマホ

出典 http://gpad-img.com

ブロックチェーン技術自体は万全でも管理する側のスマホに問題がある場合、
こうした危険性はますます高まります。

お金よりも貴重なデータをスマホに入れている人も多いでしょうから、スマホ
内のデータを守ることは自らの資産を守ることと同様に重要なことです。
そして、これから先その傾向はますます強くなるでしょう。
  
SRNは先陣を切ってそのような将来的な課題を解決しようとしています。

安全第一のスマートフォン

FINNEYの魅力的なところは、FINNEY自体がハードウェアウォレットを内蔵
しているコールドウォレットだということです。

ご存知の通り、暗号通貨はオンライン上に保管していると、ハッキング
などの危険と常に隣り合わせの状況にあります。
そのため、オフラインに保管することでセキュリティの強化を図る方法が
主流です。
 
ところが、FINNEYならスマホ内にオフラインで暗号通貨を保存できるので、
わざわざ専用の保管用端末を買わなくてもスマホ1つで完結します。

コミュニケーション、エンタメだけでなく、最も安全なデータの保管場所
という新しいスマートフォンのモデルが誕生したのです。

セキュリティ

出典 http://kasou-tsuuka.jp

まだ少数派かもしれませんが

すでにGoogleとは提携済で、Android端末と同様に使うことができます。
また、昨年のICOで大成功を遂げたBancorとも提携し、取引所を介さずに
SRNとETHを交換できるようになっています。

ハッカーに狙われたり、内部に問題のあるような取引所を利用したりせずに
済むので安心です。

ブロックチェーンスマホが世の中に浸透していけば、SRNの価値も当然ながら
上がっていくでしょう。
さらに、メッシの起用でサッカーファンだけでなく、世界中の人にSRNが
認知されていくはずです。
 
アイデア、技術だけでなく、マーケティングにも優れているSRN。
今後も注目していきたいものです。

ブロックチェーンスマホ

出典 http://nete-same-cryptocurrency.com

■この記事はハルがお届けしています■

各種SNSでも様々な情報をお届けしています。どうぞ、遊びにきてください。

※ LINE@のQRコードを読めない場合は、IDからどうぞ。
  LINE@ ID:@gxc7912l(ジー・エックス・シー・7912・エル)

1

関連記事

月別アーカイブ