【ビジネス】現金派とキャッシュレス派の攻防

ビジネス

【ビジネス】現金派とキャッシュレス派の攻防

「スマホでらくらく割り勘」拡大中!

お盆休み真っただ中。
帰省して、旧友と酒を酌み交わしている人も少なくないでしょう。
酔った勢いで、大金をドブに捨ててしまわないよう、気を付けたいものです。

ところで、友人たちとの飲食といえば、割り勘で代金を払おうとしたら、
小銭の持ち合わせがなくて困った(得した?)経験もあるでしょう。

得をするならまだしも、迷惑をかけたと気になってしまうなら、仲間同士が
簡単な操作で送金し合えるスマートフォンのアプリはおススメです。

というのも、食事会を中座した人が帰宅中にメッセージを受け取ってすぐ
送るといった使い方ができるので、現金を扱わず、その場にいなくても
やりとりできる点が好評のようです。

コインケース

出典 http://img.cocomeister.jp

何といっても知名度と普及度が高いのは無料通話アプリのLINEが提供する
「LINE Pay(ラインペイ)」でしょう。

最初の使い始めの時には本人確認のために自分の銀行口座情報を画面の指示に
従って入力するよう求められますが、いったん使い始めるとアプリに対応する
店舗での支払いや現金引き出しができるようになります。
別に専用カードを発行すれば、JCB加盟の実店舗での買い物にも使えるあたりは
とても便利でありがたいです。

LINEPay

出典 http://www.japan-sake-mileage.net

また、「Kyash(キャッシュ)」は前払い式支払い手段をとっています。
銀行口座への出金は基本的にできないのですが、残高はVISAに対応したネット
通販サイトで使えます。

6月から専用カードが発行されており、実店舗での買い物の支払いにも使える
ように、またモバイルスイカにチャージもできるようになりました。

Kyash

出典 http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

クレジットカードのような収納代行の一種という位置付けであるのが「paymo
(ペイモ)」です。
レシートが確認できる店の割り勘にしか使えませんが、お金をやりとりする時に
レシートを撮影して添付する必要があります。

本人確認は不要で、銀行口座への出金も可能ですが受け取ったお金は1年以内に
使わないと消える場合があるので注意したいところです。

Paymo

出典 http://www.poipoikunpoi.com

本人確認が求められる「ヤフー!マネー」は、残高をヤフー系のネット通販
サイトなどで幅広く利用できる点がメリットです。
また、楽天銀行に口座があれば、フェイスブックと連動させて友人にお金を
送ることもできます。
米国の有力ベンチャーと連携した送金サービス「マネータップ」は住信SBI
ネット銀行、りそな銀行、スルガ銀行が先行導入する予定のようです。

スマホ

出典 http://i.meet-i.com

店での買い物に現金を使わない「キャッシュレス生活」を送る人はずいぶんと
増えてきましたが、個人間のお金のやりとりがこれまでのネックでした。

こうしたサービスが本格普及するまでは周囲の人が使っているサービスを選んで
一緒に試しながら使ってみるといいでしょう。

IT(情報技術)を駆使した新たな金融サービスである「フィンテック」が広がり、
安くて速い個人間送金への関心が高まっていることは間違いありません。
今後も新たなサービスとの連携や残高活用法の拡充、暗号通貨との連携や利用者
向けのキャンペーンといった展開が予想されます。

今後のサービスの進化も楽しみであるとともに、早い段階で利用経験を積んで
いきたいところです。

■この記事はハルがお届けしています■

各種SNSでも様々な情報をお届けしています。どうぞ、遊びにきてください。

※ LINE@のQRコードを読めない場合は、IDからどうぞ。
  LINE@ ID:@gxc7912l(ジー・エックス・シー・7912・エル)

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ